FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の英語教育が変わる!2020年度開始の学習指導要領のポイント!



ご存知の通り、英語という教科は、現在でも公立・私立問わず、
高校・大学入試の受験科目として必須になっており、重要視されています。

そんな中、2020年度に向けて、学校の英語教育が変わりつつあるのをご存知ですか?

実は、文部科学省が作成している、学校教育の手引きである学習指導要領というものがありますが、
2020年度からの新しい学習指導要領で、
今以上に学校における英語教育が重視される
ことが大枠で決まっています。

2013年12月に文部科学省が発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」によれば、
2020年度以降、学校の英語教育において次のような変化がおこります。

小学校中学年(3・4年生)から英語学習が始まります

小学校高学年(5・6年生)は、英語が「正式な教科」になるので、
 教科書ができ、テストがあり、成績評価が行われます
 さらに、それにより中学受験の入試科目に英語が本格的に登場してきます。

中学校では、英語の授業は「英語で」行う
 ことを基本とするので、授業中は「日本語禁止」になります。

上記のような変化が起こるため、
英語学習のフォローが今まで以上に必要になるということです。

ですから、家庭教師を始める方は、今から英語指導の実績、
しかも出来ない子が学校の授業についていけるようになる、
あるいは高得点をとれるようになるといった実績を作っておくと、
数年後に家庭教師の依頼が優先的にまわってきたり、
高い時給で引き受けたりできるので有利になります。
しかも、高度な内容よりは、学校についていけるようにする基礎的内容が求められます。

一方で、現在でも英語を苦手とする子どもが多いですが、
適切な「教材」と適切な「方法」で学習すれば、
予想以上に英語の学力・成績を伸ばすことはできます。

いずれにせよ、多くの子どもが学校や塾で英語を勉強しているのに、
なかなか英語が身に付かないのには、やはり原因があるからで、
保護者や家庭教師はそれを知っておく必要がありますので、
興味のある方は以下の記事も読んでみてください。


なぜ塾や学校で英語を勉強するのに伸びないか!?現在の英語学習の問題点!
http://prokateikyoshi731.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いまたつ

Author:いまたつ
●大学で経済学、大学院で教育学を専攻。

●学生時代には、ワークキャンプでフィリピンに行き、現地の大学生と共に、ストリートチルドレンの教育支援や、農村での学校作りに参加したことで、英語の重要性を実感。

●大学院卒業後、外資系の人材サービス会社を経て、現在は教育業界の民間企業で研修講師や教材作成を担当。

●休日には家庭教師として受験生を中心に、また学習ボランティアとして児童養護施設の子どもたちを指導中。

●これまでの家庭教師経験を生かし、これから家庭教師を始めたい人を対象にした【家庭教師養成塾】を開催。レポートや教材の提供を通じて情報を発信中。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。